だめだめ社会人のだめだめ日記
自称FF・KH・B'z好きのだめだめ人間が日が変わる前に日記と好きな時に適当にいろいろ書いているブログです。
ポケモン ブラック プレイ記
昨日アップしようとして、忘れてた。

ネタバレ注意です。
追記に書きます。

エンディングまで行ったよー。たぶん。




















さて、進める。

目の前の入口に入る。

奥にN。

ボクが望むのはポケモンだけの世界……
ポケモンは人から解き放たれ 本来の力をとりもどす
……さあ 決着をつけよう
ボクには覚悟がある!
トモダチのポケモンたちを傷つけても信念を貫く!
……ここまで来たからには キミにもあるんだろう?
あるなら ボクの元に来てみせてほしい!
キミの覚悟を!!


ボクと雌雄を決する覚悟でここまでキミはやってきた……
……だのに レシラムは反応しないんだね
まだ キミを英雄と認めていないのか
がっかりだね
……ボクはすこしだけキミのことを気に入っていたのに
幾たびも勝負を重ねるうちにポケモンを大事にするトレーナーかもと感じたのに!
……だけど ボクの思い込みでしかなかった!
やはり トレーナーが勝負しても 理解しあうことなんてない!
キミにできることは2つ!
真実を求めるためボクに挑み玉砕するか
それともここを立ち去りポケモンが人から解き放たれた新しい世界を見守るか

おいでゼクロム!

後ろの壁を破り、ゼクロムが現れる。
ゼクロムの力により、まわりの水が干上がる。

バッグの中のライトストーンがうごめく。

1歩下がるN。
キミのライトストーンが……!
いや レシラムが!

ストーンが浮かび上がる。

周囲のオーラを取り込んだライトストーンがそれを強烈なパワーに変換し
いま…… 解き放つ……!!

レシラムが現れた。

ゼクロムとレシラムは……
もとはひとつの命……
一匹のポケモンだった
正反対にしてまったく同じ存在
ゼクロムとレシラムも英雄と認めた人物のもとにあらわれるポケモン……
……そうか やはりキミも
そのポケモンがなんといっているか教えてあげるよ
「キミと たたかいたい
なかまに してみろ」
ここまでやってきたキミが真実を求めたいのか確かめるつもりなんだね
ボクもキミの力を知りたい……
さあ!レシラムを捕まえ キミの仲間にするんだ!!

ンバーニンガガッ!!

レシラムとバトル。

レシラムゲット!

レシラムを手持ちに加えるかと言う選択肢が出るが、加えなかった。

Nがポケモンを回復してくれる。

ボクには未来がみえる!
絶対に勝つ!!

Nとバトル。

勝った!

……ボクとゼクロムが敗れた
キミの思い…… 真実……
それがボクたちを上回ったか……
レシラムとゼクロム……
2匹がそれぞれ異なる英雄を選んだ……
こんなこともあるのか
同じ時代に2人の英雄
真実を求めるもの
理想を求めるもの
ともに正しいというのか?
……わからない
異なる考えを否定するのではなく
異なる考えを受け入れることで
世界は化学反応をおこす
これこそが……
世界を変えるための数式……

ゲーチスがやってくる。

それでもワタクシと同じハルモニアの名前をもつ人間なのか?
ふがいない息子め
もともとワタクシがNに理想を追い求めさせ
伝説のポケモンを現代によみがえらせたのは「ワタクシの」プラズマ団に権威をつけるため!
恐れおののいた民衆を操るため!
その点はよくやってくれました
だが 伝説のポケモンを従えたもの同士が信念を懸けて闘い 自分が本物の英雄なのか確かめたい……とのたまったあげく
ただのトレーナーに敗れるとは愚かにもほどがある!
詰まるところ ポケモンと育ったいびつな不完全な人間か……
ブラック!まさか アナタのようなトレーナーが伝説のポケモンに選ばれるとは完全に計算外でしたよ
ですが ワタクシの目的はなにも変わらない!揺るがない!
ワタクシが世界を完全に支配するため!
なにも知らない人間の心を操るため!
Nにはプラズマ団の王様でいてもらいます
だが そのために真実を知るアナタ……
ジャマなものは排除しましょう

チェレンとアデクがやってくる。

……支配だって?
プラズマ団の目的はポケモンを解放することじゃ……

あれはプラズマ団をつくりあげるための方便
ポケモンなんて便利なモノを解き放ってどうするというのです?
確かにポケモンを操ることで人間の可能性はひろがる
それは認めましょう
だからこそ!ワタクシだけがポケモンを使えればいいんです

……きさま
そんなくだらぬ考えで!

なんとでも
さて 神と呼ばれようとしょせんはポケモン
そいつが認めたところでブラック!
アナタなどおそるるにたらん
さあかかってきなさい!
ワタクシはアナタの絶望する瞬間の顔がみたいのだ!

ブラック!!

Nがポケモンを回復してくれた。

だれがなにをしようと!
ワタクシをとめることはできない!

ゲーチスとバトル。

BGMが「ゲーチス」に聞こえる。

勝った!

……どういうことだ?
このワタクシはプラズマ団をつくりあげた完全な男なんだぞ!
世界を変える完全な支配者だぞッ!?

さてNよ……
いまもポケモンと人は別れるべきだと考えるか?

……ふはは!
英雄になれぬワタクシが伝説のポケモンを手にする……
そのためだけに用意したのがそのN!!
いってみれば人の心を持たぬバケモノです
そんないびつで不完全の人間に話が通じると思うのですか

アデクさん
こいつの話を聞いてもメンドーなだけです
こいつにこそ心がないよ!

そうだな……
本当に哀れなものよ
Nよ……
いろいろ思う事があるだろう
だがおまえさんは決してゲーチスに操られ
理想を追い求めたのではなく
自分で考えて動いたのだ!
だからこそ伝説のポケモンと出会うことができたではないか!

……だが
ボクに英雄の資格はない!

そうかあ?
伝説のポケモンとともにこれからどうするか……
それが大事だろうよ!

わかったようなことを
いままでお互い 信じるもののために争っていた
だのに!なぜ!

Nよ……
お互い理解しあえなくとも
否定する理由にはならん!
そもそも争った人間のどちらかだけが正しいのではない
それを考えてくれ

ゲーチスを連れていくチェレンととアデク。

……キミに話したいことがある
奥へ歩くN。付いていくブラック。

キミと初めて出会ったカラクサタウンでのことだ
キミのポケモンから聞こえてきた声がボクには衝撃だった……
なざならあのポケモンはキミのことをスキといっていた……
一緒にいたいといっていたから
……ボクには理解できなかった
世界に人のことを好きなポケモンがいるだなんて
それまでそんなポケモンをボクは知らなかったからね……
それからも旅を続けるほどに気持は揺らいでいった……
心を通いあわせ 助け合う ポケモンと人ばかりだったから
だからこそ 自分が信じていたものがなにか確かめるため キミと闘いたい……
おなじ英雄として向き合いたい
そう願ったが……
ポケモンのことしか……
いや そのポケモンのことすら理解していなかったボクが……
多くのポケモンと出会い 仲間に囲まれていたキミにかなうはずがなかった……
……さて チャンピオンはこんなボクを許してくれたが……
ボクはどうすべきかはボク自身が決めることさ……

ゼクロムを出すN。

ブラック!!
キミは夢があるといった……
その夢……かなえろ!
すばらしい夢を実現し キミの真実とするんだ!
ブラック!キミならできる!!
それじゃ……
サヨナラ……!

エンディング。

THE END。

まだ行けてない街が3つほどあるのだが、殿堂入りも出来てない気がするぜ。続きから始めるぜ。
カノコタウンから。

降りると、ママ?

2人ママがいる?

ママの片っぽはハンサム。

プラズマ団は滅んだが、七賢者がどこかに潜んでいる。
探して欲しい。

引き受ける。

すごいつりざおをもらった。


去る、ハンサム。

家を出るとチェレンとベル。

やあ ブラック
ハンサムさんの話は終わった?

……2人とも ごめんね
サンヨウシティのジムリーダーさん呼びにいってたらぜんぶ終わっちゃってて……

……それなら ぼくだって同じさ
ダークトリニティにすきをつかれ ゲーチスを逃がしてしまったし

……ゲーチス?ダークトリニティ?

……城でのできごとは今度教えるよ
それよりもさ ベル きみたちはこれからどうするの?

あたしね あたしね
ブラックシティに行くつもり!

ああ ライモンシティからつながる16番道路の先だね
なるほどあちらの方ならまだみたことのないポケモンと出会えるかもしれないね!

アララギパパがやってくる。

お!これはこれはナイスタイミング!
おまえさんたちそろっとるな!
つい先ほど 知り合いから全国図鑑のデータが届いてな
せっかくだからおまえさんたちのポケモン図鑑を全国図鑑にパワーアップしておこうよ
いやなに おまえさんたちの行動範囲も広がるだろう?
となれば当然出会うポケモンも増えるからねえ
ちょいと図鑑を貸しとくれ!

全国版にバージョンアップした。

これでおまえさんたちのポケモン図鑑を全国図鑑にも切り替えられる


去るアラパパ。

パパママに全国図鑑を見せに行くベル。
1番道路からイッシュを見て回るチェレン。

行った事ない場所を見てまわる。

1番道路の横の川・海を渡る。

ママンボウをゲット。

奥まで行くと、賢者の1人がいた。

ロット。

かげぶんしんをもらった。

ハンサムがやってくる。

後5人。


プルリルゲット。


ライモンシティに行き、セーブしてやめた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://roxasorax.blog95.fc2.com/tb.php/1534-90b970e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック