だめだめ社会人のだめだめ日記
自称FF・KH・B'z好きのだめだめ人間が日が変わる前に日記と好きな時に適当にいろいろ書いているブログです。
ポケモンブラック プレイ記
ネタバレ注意です。
追記に書きます。

6つ目のバッジ手に入れてちょっと進んだあたりまで!




















フキヨセシティ探索。

フウロの向かった場所へ向かう。

タワーオブヘブン。

ココハ タワーオブヘブン……
タマシイガ ネムル バショ……

登る。

ヒトモシゲット。

チャオブーがエンブオーに進化した。

コアルヒーがスワンナに進化した。

塔の屋上。

フウロ。

さっき見えたの傷ついたポケモンだったよ。
もう大丈夫よ。
元気に飛んでいったの。


鐘を鳴らす。


ジムに向かう。

ジムに挑む。

ジムリーダー、フウロとバトル。

勝った。

セッカシティの方へプラズマ団が向かうのを見た。

ジムを出ると、Nが待っていた。

……わかりあうためと いい
トレーナーは 勝負で 争い
ポケモンを 傷つけあう
ボクだけなのかな
それが とても 苦しいのは
まあいい…… キミに ポケモンと
話を させてもらうよ
……ボクは 生まれたころより
ポケモンと 暮らし 育ったからね
ヒトと 話すよりも 楽なんだ
だって ポケモンは
絶対に ウソを つかない
スワンナ だね……
ブラックは
どんな トレーナーか 教えてよ?
……そうか ブラックは
カノコタウンで 生まれ育ち
母親と 二人暮らし なんだ
ポケモン図鑑を きっかけに
世界を 見聞するための
旅を している…… と
それにしても この スワンナ
なぜだか キミを 信じている……
いいね……!
すべての 人と ポケモンが
キミたちの ように 向き合うなら
人に 利用されるだけの
ポケモンを 解き放たず
ポケモンたちと 人の
行く末を 見守ることが できるのに
ゲーチスは プラズマ団を 使い
特別な 石を 探している
その名も ライトストーンと
ダークストーン……
伝説の ポケモンは
その肉体が 滅ぶと
ストーンと なって 眠りながら
英雄の 誕生を 待つ……
その ストーンから 伝説の
ドラゴンポケモンを よみがえらせ
トモダチに なり
ボクが 英雄で あることを
世界に 認めさせ 従わせる……
……ボクの 夢は 争うことなく
世界を 変えること
力で 世界を 変えようとすれば
反発する 人も でるだろう
そのとき 傷つくのは 愚かな
トレーナーに 利用されてしまう
無関係の ポケモンたち だから
そう……
ポケモンは 人に 使われるような
小さな 存在じゃ ないんだよ!
その結果……
キミたちの ように
お互い 向き合っている
ポケモンと トレーナーを
引き裂くことに なるのは
すこし 胸が 痛むけどね


去っていくN。

進む。
セッカシティに向かう。

ゼブライカゲット。

ネジ山。

階段を上ろうとすると、チェレンがやってくる。

バトル。

勝った。

アデクが声をかけてくる。

ほう! なかなかの
ポケモン勝負で あったな!
二人とも トレーナーとして
育っておるようで なにより!

……どなたか おもえば
チャンピオンの アデクさん ですか
自分は 弱くて 負けたんです!
……それなのに
いい 勝負と いわれても
正直 困ります……

……まったく
とげのある いいかたをせず
素直に 喜べ
それで 前にも たずねたが
強くなって どうするのかね?

……強くなれば
チャンピオンに なれば それが
ぼくの 存在理由に なる
ぼくは 生きている 証が ほしい

ふむう……
君は レンブに 似ておるな
なるほど 確かに
なにに なりたいかは 大事だ
だが それ以上に 大事なのは
強くなり 得た 力で
なにを するのか! ではないのか?
まあ
これでも 持っていけ!

なみのりをもらった。

去るアデク。

なにをしたいか……
それが わからないから
トレーナーとして 強くなることで
自分という 存在を
みんなに 認めてもらうんだよ!
……ブラック
次には ぼくが 勝つ!

去るチェレン。

中に入る前にセーブしてやめた。

手持ち
チャオブー Lv.35→エンブオー Lv.36
ミルホッグ Lv.33→Lv.36
ムーランド Lv.33→Lv.38
ヤナップ Lv.34→Lv.38
レパルダス Lv.33→Lv.37
コアルヒーLv.33→スワンナ Lv.36
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://roxasorax.blog95.fc2.com/tb.php/1434-f6bac31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック